ヤフオクで自分のものを販売したら課税されて確定申告が必要になるか?

最近はサラリーマンや主婦が、ヤフオクを使って、いろんなものを販売していますね。

ヤフオクで商品を販売して、利益を儲けている人は全て確定申告が必要なのでしょうか?

会社に黙ってこそっとやりたい人もいるのに、申告するとバレちゃうんじゃないかとみんな心配になっているようです。

まず最初に知ることとして、オークションサイトなどを使って商品を販売した場合には、ほぼ全ての販売者が国税当局に捕捉されているという事実です。つまり国税当局が本気を出せば、無申告者を全員洗い出すことができるわけです。

当然ですね、銀行取引がメインのネットビジネスで、銀行情報を全てとることができるんですから。

 

しかし、実際に、そんなことはしてません。というよりマンパワー不足でできないのです。

となると、ピンポイントアタックしかないわけで、必然的に金額の大きい人から順番に調査されるわけです。

感覚的にいうと、月に数十万円程度の取引では、国税は何もしてこないケースが多いと思われます。月1000万円以上の商売をしている人でもほったらかしの人も実は結構いたりします。もちろん、税務当局からは何も指摘なしです。

なので、月数万円ぐらいでビクビクしてる人は、あまり気にしないほうがいいです。

まず大丈夫です。

 

以上は実態からのコメントですが、以下は法律に基づいたコメントです。

※基本的にネットオークションで非課税になるのは高価ではない生活品の売買です。一人に1回あたり大きな金額を販売しても特に問題なしです。ただ、30万円以上の高価なものの販売や反復継続して販売する場合には課税対象になるでしょう。

これが法の建前です。

 

建前と実態を頭に入れつつ、今の取引額と比べながら、申告する方法を模索するのがいいのかもしれません。

大阪 会社設立

海外ビジネス・グローバルビジネスの成功のためのメルマガ:世界ビジネスウルルン紀行

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ