12月末日でサラリーマンを退職し1月から独立。12月までの経費はどう処理する?

最近では若者だけでなく、中高年の方の独立も増えてきています。

特に直近までお勤めしていた人が、退職後すぐに独立する場合も多いでしょう。

キリがいいのか、特に多いのが、12月末日退職で1月から開業するというパターンです(実際は有給休暇を使う場合が多いので、12月の途中ではお勤めは実際に終わられているケースも多々見受けられます)。

 

退職した年度の申告はどうすればいいのか?

まず、退職年度ですが、実際に開業したのは翌年度からなので、事業所得に関する確定申告は不要です。

退職年度は今までと同じで年末調整で前勤務先が全て処理してくれているはずです。

あくまで事業開始は翌年度からなので、所得税計算期間(1月~12月)を考慮すると、退職年度でのややこしい申告処理は不要になります。

 

開業は1月からだが、その前の12月以前にかかった経費はどうすればいいのか?

これも非常に多いケース。売上計上は退職翌年度からだが、準備期間の費用として退職年度で結構色々出費があるような場合、この場合は退職年度での確定申告が必要になるのでしょうか?

答えはNoです。

税務署等への開業届は退職翌年度に提出するはず。

だとすれば、退職年度にかかった費用は取り込めないようにも思いますが、開業費ですから、開業年度の確定申告の経費として算入してOKです(具体的な日付としては開業年度の1月1日付で処理すればOKでしょう)。なので、退職年度での経費を作りたいからといって無理して確定申告する必要はないのです。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ