親の扶養に入っている学生の所得が103万円を超えそうな場合の対策

大学生が塾や家庭教師や飲食店でアルバイトするケースはよくありますね。

しかし、親御さんの扶養に入っているケースがかなりの割合であるのではないでしょうか?

この場合、所得税の103万円という限度枠をご存知でしょうか?

所得税の場合、年間所得が103万円を超えると、扶養家族としていることができずに外れることになります。そうすると、親御さんの所得が上がるので結果的に家族の税金がグンと上がることになります

 

一生懸命アルバイトして、お金を稼いだけれど、親の税金がグンとアップしてしまって結果的に損してるケースはよくあります。

150万円を超えるといったような形で思い切り給与を貰う場合は諦めもつきますが、12月に貰う給与がなければ103万円以下だったのに、、、というような場合はちょっと知恵を絞ってもいいかもしれません。

 

知恵の絞り方は2つですね。アルバイト先に相談してみましょう。

ただし、大企業や上場企業ではこのあたりの融通はきかないと思われます。よって、アルバイト先は中小企業に限るのも策ですね。

103万円の判定基準はその年の1月から12月にもらった金額の合計です。

よって・・・・・

①12月に貰う給与を翌年にずらしてもらう。

②それが無理な場合は、12月の給与を諦める。

③経営者が優しい場合は、12月の給与を半分にしてもらって、ポケットマネーで貰う。

このあたりを交渉するといいかと思います。

 

 

 

名刺

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ